U.F.O. CLUB TOKYO JAPAN

<NEWS>
2018年7月のスケジュール更新

<SCHEDULE>
2018年6月
2018年7月

⇒ブッキングに関するお問い合わせはコチラ

STAFF Twitter
鈴木やすし
鈴木やすし
武井チカ
武井チカ
小林公威
小林公威
竹井謙太郎
竹井謙太郎
鈴木 将太
鈴木 将太
酒井いぶき
酒井いぶき
STAFF BLOG

INFORMATION

【U.F.O.CLUB 22周年記念グッズ】
イラスト:坂本慎太郎

【U.F.O.CLUB 22周年記念グッズ】

<Tシャツ>各¥2,500(税込)
カラー:ホワイト/ブラック
サイズ:S/M/L/XL

※通信販売は行っておりません。ご了承下さい。

PICK UP LIVE

■2018年6月24日(日)
【テレグラフの現在 2018 〜トーキョーオーガニックサウンドの源流〜】


<NON BAND>

<原マスミ>

<ホッピー神山>

<Mark Sorvari(In Corridors)>

LIVE:
・NON BAND
・原マスミ
・ホッピー神山
・Mark Sorvari(In Corridors)

『テレグラフの現在 2018−トーキョーオーガニックサウンドの源流』

昨年の『テレグラフの現在 2017』に続き開催される『テレグラフの現在 ​​2018−トーキョーオーガニックサウンドの源流』は、'81年にテレグラフ・レコードより10インチ「NON ​​baNd'」('17年ドイツTALより12インチアナログ盤で再発)をリリースしたNON ​​BAND、'82年に『イマジネイション通信』(ユピテルレコード)でデビュー、カトラ・トゥラーナの2nd『Kimera』('86年)にボーカルでゲスト参加している原マスミ、80年代初頭にPinkを結成、『Pink』('86年)などメジャーでのリリースと並行してインディーズシーンとも積極的な交流を続けてきたホッピー神山というラインナップ。
そして、彼らとサウンド的に相似性をもつ若手として、アメリカミネアポリスからIn ​​​CorridorsのドラマーであるMark ​​​Sorvariを迎えて行われる。

トーキョーオーガニックサウンドの源流

本イベントは前回同様、テレグラフ・レコードのみならず、当時のシーンにおいてお互い縁の深かったミュージシャンたちの現在進行形の表現をギャザリングするものである。
ここで彼らが表現活動をスタートした'80年前後を振り返ると、海外においては'77年に起きたパンクの嵐が過ぎ去り、ニューウェイブでありながらも、よりオーガニックなサウンドを志向するスリッツ、リップ・リグ&パニック、レインコーツといったグループが、レゲエ、ワールドミュージックシーンを背景に現れた時代だった。
これらの海外の動きと同時代的な日本での動きとして、インディーズでノンバンド、メジャーでは原マスミ、Pinkなどがオーガニックで新しい音楽を80年代初頭に始めていた。そして、その自由な精神性と音楽スタイルは、90年代、00年代と時代を経た現在まで、さまざまに変化、継承を行いながらも脈々と続いているものである。

こうした“東京オーガニックサウンド”の源流である彼らの2018年現在の表現は、時間を経ていかに変化していったのだろうか? 『テレグラフの現在 ​​2018−トーキョーオーガニックサウンドの源流』は、各アーティストの現在進行形の姿をあますところなく開帳する特別な夜となるだろう。


テレグラフ・レコード

テレグラフ・レコードは、80年代初頭のインディーズ創生期、地引雄一により設立され、インディーズだけがもちえる先鋭的なスタンスに立った実験精神あふれるレーベルとして、NON ​​BAND、EP-4、カトラ・トゥラーナ、リザードなどの作品をリリースした。大きく価値観が変化する時代を背景に、メジャーレコード会社にはない強い磁力と魅力を放ったインディーズレーベルの始祖である。
(古川博一)

OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥3,000(D別) / 当日¥3,300(D別)

※本公演は会場内禁煙となります。予めご了承下さい。

【チケット予約】
各バンド or U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年7月1日(日)
【将太のちんちんかもかも】


<OBANDOS>

<imai>

<トリプルファイヤー>

LIVE:
・OBANDOS
・imai(group_inou)
・トリプルファイヤー

OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥2,800(D別) / 当日¥3,300(D別)

・OBANDOS
宿題工作展/OBANDOS
工作をテーマに展覧会活動をする「宿題工作展」をベースに2008年結成。各自が工作した楽器を演奏するスタイルで、京都METROにてデビューライブ。さるハゲロック、サマーソニック、レインボーヒル、中津川ソーラーなどの音楽フェスにも出演。2013年末にはDONBURI DISKよりライブアルバム「工作星人襲来」をリリース。

OBANDOS original cast
安齋肇(サウンドレスベース/イラストレーター/ソラミミスト)
朝倉世界一(オバケガッキ/漫画家)
白根ゆたんぽ(フレットレスギター&テルミン/イラストレーター)
しりあがり寿(プリンドラム/漫画家)
高橋キンタロー(テープヴァイオリン&ストロー/イラストレーター)
薙野たかひろ(ボ・ゴムギター&ヴォイス/イラストレーター)
ミック・イタヤ(ガリン/ビジュアルアーティスト)
パラダイス山元(ボンサイチューブ/マン盆栽家/ミュージシャン)*今回不参加
なんきん(ブラックボックス/ワハハ本舗俳優/漫画家)

・imai
group_inouのTRACK担当。
2017年より本格的にソロ活動を開始。

・トリプルファイヤー
吉田靖直(vocal) / 鳥居真道(guitar) / 山本慶幸(bass) / 大垣翔(drums)
2006年結成、2010年に現在の編成となる。2012年5月「エキサイティングフラッシュ」2014年2月「スキルアップ」2015年9月「エピタフ」2017年11月「FIRE」を発表する。
「高田馬場のJOY DIVISION」「だらしない54-71」などと呼ぶ人もいた。
ソリッドなビートに等身大の歌詞をのせていてかっこいい。人気がある。メンバーはみな性格が良く、友達が多い。

【チケット予約】
U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年7月7日(土)
【5-4-3-2-1 Summer Special!!!】

LIVE:
・渚ようこ(演奏;花園臨界実験所)
・Seeek Me Darling
・peteracco AMYs+act girls

DJ;
・Arai,Bucci,Otsuki,Swaguchi

Guest DJ;
・フジトミ タクミ(ラブロック/福岡)

OPEN 18:00
前売¥2,500(D別) / 当日¥3,000(D別)

学生証orヘルメット提示で¥2000(D別)

【チケット予約】
前売りチケットは、6/8(金) 16:00よりU.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて電話予約受付開始!!!

■2018年7月12日(木)
【FOXPILL CULT自主企画「ポトラッチデッド vol.29-共感不可能!!ワンマン直前スペシャルvol.2!!!-】



<FOXPILL CULT>

<灰野敬二>

<純情マゼラン>

LIVE:
・FOXPILL CULT
・灰野敬二
・純情マゼラン

奇想のNEW WAVEバンド「FOXPILL CULT」が開催するワンマン直前スペシャル企画。
今回は「共感不可能!!」をテーマに、
概念の外側から幾多もの新たな共鳴を生み出してきた伝説「灰野敬二」と
破竹の勢いを進む新進気鋭のバンド「純情マゼラン」をゲストに迎えた異色の3マン。

共感不可能の先には一体何があるのか。
異形の音楽家×異色の組み合わせから生まれる
特別な一日。

「怒涛の奇天烈を、踊り続けようぜ!!」
西邑卓哲(FOXPILL CULT)

OPEN 19:00 / START 19:30
前売¥2,800(D別) / 当日¥3,200(D別)

※本公演は会場内禁煙となります。予めご了承下さい。

【チケット予約】
U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年7月15日(日)
【FUDEOROSHI vol.9】

LIVE:
・URBANフェチ
・ワッツーシゾンビ(大阪)

OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥2,200(D別) / 当日¥2,500(D別)

【チケット予約】
各バンド or U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年7月24日(火) New!!!
【R.B.L】

LIVE:
・KILLER-BONG+HIKARI(Granule)
・FRIENDSHIP
& more...

DJ:
・ヤマベケイジ(Los Apson?)
・TAKUROW(GROUNDCOVER.)

OPEN & START 19:00
前売¥2,000(D別) / 当日¥2,500(D別)

【チケット予約】
U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年8月9日(木)
【オシリペンペンズ / ワンマンライブ2018 〜超絶!キララのピヨピヨギター伝説 Part2〜】

LIVE:
・オシリペンペンズ

OPEN 19:00 / START 19:30
前売¥2,000(D別) / 当日¥2,500(D別)

【チケット予約】
oshiripenpenz@hotmail.co.jp または、U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年8月12日(日)
【ソングライン Vol.1 ~知久 寿焼×macaroom 2man Live Special~】



<知久 寿焼>

<macaroom>

<殺生に絶望>

LIVE:
・知久 寿焼
・macaroom

OPENING ACT:
・殺生に絶望

・知久 寿焼
ギター、ウクレレ弾き語り。地味なテンポでさびしい歌ばかりうたう。1965年2月10日埼玉県川口市生まれ。2003年バンド「たま」解散。へっぽこオー ケストラバンド「パスカルズ」ウクレレ、口琴担当。

・macaroom
2010年結成。文学と先端科学、中国武術を混ぜ合わせながらポップな楽曲を発表している。
2016年発売の2ndアルバムは小説家・高橋源一郎が推薦。
8月にはジョン・ケージをポップに再現するアルバム『cage out』を発表。
2018年3月には4年ぶりのフルアルバム『swimming classroom』をリリース。

・殺生に絶望
2007年 福島直次郎、福島まさん兄弟で結成。翌年まさんの友人、鈴木将太が加入。
マイペースながらも、今までに4枚のアルバムを発表。
全員が作詞作曲して全員が歌うスタイルで、現在も新しい音源作りの為、精進中。

OPEN 18:00 / START 18:30
前売¥2,500(D別) / 当日¥3,000(D別)

【チケット予約】
U.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて前売りチケット予約受付け中!!!

■2018年9月2日(日)
【The Silence&GODMAN Japan Tour 2018 新譜ダブルリリース記念】


<GODMAN>

<The Silence>

LIVE:
・GODMAN(河端一[Acid Mothers Temple]+砂十島NANI[Acid Mothers Temple]+森田聖[ex.Reform,黒い森]+宮下敬一[Mandog])
・The Silence(馬頭将器[ex.Ghost]+岡野太[ex.非常階段]+吉田隆一+山崎怠雅)

OPEN 19:00 / START 19:30
前売¥2,500(D別) / 当日¥3,000(D別)

・GODMAN
河端一 : guitar, synthesizer (Acid Mothers Temple)
砂十島NANI : drums (Acid Mothers Temple, Bogota)
森田聖 : bass (ex.Reform, Adios Dios, 黒い森)
宮下敬一 : guitar (Mandog)

2005年、Acid Mothers Templeの河端一、東洋之、Mandogの宮下敬一、榎本隆幸、渡邊靖之の5人で結成、1stアルバム「GOD ∞ DOG」をAcid Mothers Temple Labelよりリリース。その後、河端と宮下を中心にした不定形メンバーによるバンドと化しながら、不定期ながらライヴ活動を継続。
2002年Damo Suzuki's Networkアメリカツアーのリードギタリストを務めて以来、ダモ鈴木とは深い交流をもつ、さすらいのギターボヘミアン宮下敬一ことMandogが織り成すミニマルなトランスギターと彼のルーツたるジャジーなパッセージ、海外においては絶大な人気を誇るAcid Mothers Templeのリーダー兼ギタリストであり、グルと称される河端一による轟音超高速ギターから悠久のギタードローンに至る恍惚感、この双頭ギタリストに、70年代後期よりリフォーム等のバンドで活動、ピナコテカより作品発表後、上京しスタジオミュージシャンとして音楽業界に従事後、帰阪後は関西アングラシーンの良きオヤジとして若手より慕われる超絶ベーシスト森田聖と、関西ゼロ世代なんぞという肩書も今や不要、自身のBogultaを筆頭に、Acid Mothers Temple、想い出波止場、Amazon Saliva、ヒューマンシャワー等世代を越えて活動する、稀代の天才異能ドラマー砂十島NANIが合体!
奏でられた音が風となり大地を、そして彗星となり宇宙空間を自由奔放に駆け抜け、宇宙の果てまで果てしなく疾走し続ける、究極のコズミック・トランス・サイケデリック・ミュージック!
今回のツアーに合わせ、このメンバーによる、13年ぶりの新譜をリリース予定!

・The Silence
馬頭將噐 Gt, Vo (ex: Ghost)
岡野太 Dr (非常階段,ex: Subvert Blaze)
吉田隆一 Baritone Sax, Flt
山崎怠雅 Bass, Vo

1984年より東京でコミューンを母胎としたグループGhostを主宰。アメリカでDrag Cityよりデビューした後は海外を活動拠点として30年間活動した。そのサイケデリック、アシッドフォーク的な音楽と、ライブに於いては即興演奏が延々と続くスタイルでカルト的な人気を誇った。解散後、馬頭、岡野を中心としてThe Silence を結成。Drag City より三枚の作品を昨年迄にリリースしている。9月に4枚目の新譜を同じくDrag Cityから発表する。フリージャズ、サイケデリックロック、フォークの要素が混然と溶け合って強烈なグルーヴに裏打ちされる。

【チケット予約】
前売りチケットはU.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて電話予約受付中!!!

■2018年10月27日(土) New!!!
【頭士奈生樹「Ⅳ」発売記念ライブ 東京編】


ジャケット画像

頭士奈生樹

LIVE:
・頭士奈生樹 with 渚にて

OPENING ACT:
・ゆめであいましょう

OPEN 18:30 / START 19:00
前売¥3,200(D別) / 当日¥3,700(D別)

【チケット予約】
前売りチケットは、9/2(日) 16:00よりU.F.O.CLUB(03-5306-0240)にて電話予約受付開始!!!

UFO CLUB|V.A Series

アンダーグラウンド・ロックの総本山として全国からの注目を集め続けている、東京・東高円寺のライブ・バーU.F.O.CLUBがおくるオムニバスシリーズ
第6弾「VA / U.F.O.CLUB TOKYO JAPAN vol.6」 発売中!!   SOLD OUT!

「踊りも夜遊びもかけひきも、ぜんぶU.F.O.CLUBで覚えた気がする 」
-志磨遼平(ドレスコーズ)-


This Compilation(P)2012 ULTRA-VIBE/U.F.O.CLUB Coordinated by 北田智裕(U.F.O.CLUB)
Mastered by 中村宗一郎(PEACE MUSIC)
Cover Designed by 坂本慎太郎
A&R 神保和哉(ULTRA-VIBE,INC)

「VA / U.F.O.CLUB TOKYO JAPAN vol.6」
OTCD-2781 UFO-006
メーカー希望スペシャル価格 ¥1,800(税込)  SOLD OUT!

<参加アーティストと収録曲>
01. As Many As Stars In The Sky / LSD MARCH
02. 生 / 死ぬまで生きるもんズ
03. ジス デッド ガール / ザ・シャロウズ
04. ビッケの子供 / ミラーボールズ
05. ヘンリーミヘンロ(LIVE) / シェイクシェイクグループ
06. ポニーテール / シャムキャッツ
07. ソフトパレード / 埋火
08. バンドマンの女 / クリトリック・リス
09. p.u.n.k. / フジロッ久(仮)
10. さよなら今日より前の僕 / 蛸地蔵
11. ZOOM ST-224 / DODDODO
12. となりのベジタリアン / 下山(Gezan)

⇒その他の「VA / U.F.O.CLUB TOKYO JAPAN」シリーズはコチラ